【保存版】男性が喜ぶ上手な騎乗位の方法・動き方まとめ

【保存版】男性が喜ぶ上手な騎乗位の方法・動き方まとめ

騎乗位はセックスの体位の中でも女性がメインになってする体位ですが、騎乗位はどうやって動いたらいいのかわからないとか恥ずかしい等々、また騎乗位でも色々なやり方があるのできちんとマスターしている人・理解している人は少ないかもしれません。

実際にどうやって動いていいのかわからないという声も多いです。騎乗位はただ上下に動かすだけだと体力を消耗するだけでせっかくの快感も半減してしまいます。実は騎乗位にも複数の動き方があり、それぞれに動かすコツがあったりします。今回は男性が喜ぶ騎乗位のパターンとワンポイントをまとめてみました。

ピストン騎乗位「上体を起こした状態で上下にピストン」(騎乗位のパターン1)

ピストン騎乗位は上体を起こした状態で上下にピストンをします。騎乗位の基本になります。膝をペタンとつけて腰を上下に動かします。これは出し入れするときの摩擦が気持ちいいので男性に人気の動き方です。長時間動いていると女性の方が疲れてしまうので少々大変ですが、お互いの表情が見れるので腰を動かしながら顔を下げてキスをしたりして楽しみましょう。優しく彼の頭や顔を手で包み込んであげると、男性の安心感が高まります。足の裏をベッドにペタンと着けるか、爪先立ちで上下に動くピストン運動は、出し入れすることによって裏筋が引っ張られるのに加え、結合部分や胸の揺れも見えるので男の人に好まれる動きです。

■騎乗位のコツ動画参考AV「杭打ちピストン騎乗位3」>>



グラインド騎乗位「上体を起こした状態で前後にスライド」(騎乗位のパターン2)

上体を起こした状態で前後にスライドの騎乗位(グラインド騎乗位)は根元まで挿入して骨盤を振るようにすると、子宮口にコリコリと亀頭が当たり、Gスポットも圧迫されクリトリスも擦れるので中イキしやすいです。上体を少し反らせて胸を張ると感じ方も少し変わるので、自分に合うように姿勢を変えながらやるといいでしょう。

ポイントとしては「腰をほんの少し浮かせる」のが股間やお尻の骨と骨がゴリゴリと擦れ合うことが減るのでいいでしょう。グラインド騎乗位は腰をくねくねと動かすので、いやらしく見えて男性にとってはビジュアル的にはいいのですが、出し入れ運動ではないのでペニスへの刺激が意外と小さいです。しかし、イクのを我慢しやすい体位なので、相手が早くイってしまいがちな場合はグラインド騎乗位で時間調節をしてみてください。また、人によってはグラインド騎乗位で腰の振り幅を大きくすると、ペニスが根元からもっていかれる感じがして痛いそうなので、相手の反応をよく見て振り幅を調整するのがポイントです。

■騎乗位のコツ動画参考AV「どんな男も絶対イカせる極上騎乗位フルコース 濱松愛季」>>



ピストン騎乗位「上体を前に倒した状態で腰だけを上下にピストン」(騎乗位のパターン3)

ピストン騎乗位でも「上体を前に倒した状態で腰だけを上下にピストン」は前傾姿勢か男の人に抱きついた状態で腰を振ります。腰の動かし方のコツは骨盤だけを上手に振るようにすると、運動量が小さく息もあがらないので、キスしたり首筋や耳たぶに舌を這わせたりしながら相手を攻めながらできるのでおすすめです。また男の人にとってはペニスに対して膣の角度がつき、裏筋あたりに力が加わりやすいためイキやすい体位です。特に竿の上部をメインに短いピストンをすると、かなり刺激があるようです。それに対し女の人は、相手の恥骨にクリトリスがリズミカルにぶつかるので外イキしやすいのですが、膣内ではGスポット側でなくお尻側に力が加わるので中イキは体感しにくいかもしれません。外イキ(クリトリスの刺激)が好きな人はおすすめの体位です。

■騎乗位のコツ動画参考AV「私の騎乗位技術全部出し 若菜奈央」>>



ピストン騎乗位「上体を前に倒した状態で体全体を上下にピストン」(騎乗位のパターン4)

上体を前に倒した状態で体全体を上下にピストンは正常位を男女逆転したようなものなので、男女どちらにもいい体位ですが、特に大きな刺激もなく、早いピストン運動もできないので良くも悪くも普通です。使い方としては、男の人にとって刺激の強い騎乗位の後にこの騎乗位のパターンをするのがいいと思います。男の人の体を太腿で挟み込むような気持ちで内腿に力を入れて動くと、膣で搾り上げるような感じになって膣壁への刺激が増えます。

■騎乗位のコツ動画参考AV「メーカー史上最強の腰使い! 騎乗位の天才! 素朴な絶倫学生りさちゃん20才AVデビュー」>>



背面騎乗位(騎乗位のパターン5)

背面騎乗位は通常の騎乗位とは逆の姿勢で男性に背を向けてお尻突き出してピストンします。挿入時に上体を前に倒すと挿入しやすいです。背面騎乗位は実は男性側にとって背を向けてペニスを挿入するため、いつもとは違う角度でペニスを刺激するので気持ちがいいです。
背面騎乗位の注意点としてしては通常の騎乗位の場合、女性側は男性の胸に手を置く等で支えができますが、背面騎乗位の場合それができないので、女性側が両手を男性の太ももの上において、身体を支えながらピストンしたり、両手を後ろに回し手を繋ぎながらピストンするかたちがいいでしょう。男性側に両膝を立ててもらうと安定しやすいと思います。

騎乗位のワンポイント!騎乗位の腰の動かし方「円を描く」

ピストン騎乗位やグラインド騎乗位の合間に円を描くように腰を動かしてみましょう。グラインド騎乗位同様、激しく動きすぎると男性が痛い場合があるの注意です。ピストン騎乗位は疲れやすいので合間の休憩もかねてゆっくりと動かしてみてください。女性が気持ちよさそうに動いている姿というのは見上げている男性も興奮すると思います。

■騎乗位のコツ動画参考AV「騎乗位の達人 巨乳妻のものすごい腰使い 39人4時間」>>



魅せる騎乗位

騎乗位をするときは、腰・胸・アソコの魅せ方を意識しておくが重要です。下から見る揺れるバストは正面から見るときより綺麗な形に見えます。パートナーの興奮度が高まるほどの、視覚的な刺激を与えるのがポイントです。次は前後にスライドする動きです。これは女性に人気の動き方です。その理由としては前後にスライドする動きによってGスポットが刺激されやすいので女性がイキやすいのです。その反面、あまり激しくスライドしすぎると男性が痛い場合があるので、パートナーの様子をみて動きましょう。

■騎乗位のコツ動画参考AV「騎乗位はこーして鍛えろ! ! 木下柚花」>>



動きに合わせて揺れる胸

騎乗位最中の男性の目線は絶対と言ってよい程、胸に注目しています。動きに合わせて揺れる胸に魅了されているので、動きに緩急をつけてみるのも良いでしょう。最初はスロースタートで少しずつハードな動きを取り入れて、胸を揺さぶりながら視覚的刺激をいくのが効果的です。胸に自信がない人も胸のハリをアピールすのがいいと思います。ツンと上向きの胸は、男性がついつい触りたくなる胸と言えます。猫背になってしまうとハリがイマイチなので、姿勢を良くして胸を前に突き出す感覚でハリのある胸を見せましょう。

■騎乗位のコツ動画参考AV「自ら腰を動かして、気持ちいい場所にあててイキまくる! イイオンナの騎乗位・背面騎乗位 6時間」>>



結合部を見ると気分が高まる

騎乗位中、男性の目線で胸の次に、結合部は絶対にチェックしています。正常位とは違った見え方をするので、興奮を高めることができるのです。よりアソコの部分を見えやすくするために、M字開脚のような姿勢で騎上位するのをおすすめします。少し恥ずかしいかも知れませんが、セクシーな格好をしているということもあって、自分自身で気持ちを高めることもできるはずです。

■騎乗位のコツ動画参考AV「男を骨抜きにする背面騎乗ファック4時間」>>



騎乗位オナニー・騎乗位のレッスンができるアダルトグッズ「ディルド」

彼氏に秘密で騎乗位の練習をしたい!騎乗位オナニーしたいという女子にはアダルトグッズのディルドをおすすめします。吸盤で床にくっつくディルドは固定できるタイプや固定バンドでディルドが固定できるのもをおすすめします。ディルドはフェラチオの練習にもなるのとひとりエッチでも利用できるのでおすすめです。アダルトグッズというと電マやローターを想像しがちですが、ディルドを利用されている方もかなり多いです。最近ではいろいろな種類のディルドが販売されているのと電動系に比べて故障がないので長く使えるのとメンテナンスが楽なのもポイントです。おすすめなディルドをいくつか紹介します。

■ディルドに関しては下記の記事にまとめてありますので興味のある方はご参照ください。

【初心者向け】ディルドの正しい選び方

■騎乗位の流れの体位としておすすめなのは対面座位です。詳しくはこちらの記事↓も一緒にご参照ください。

【保存版】対面座位(だいしゅきホールド)で更に快感を得るポイント

おすすめ記事カテゴリの最新記事