*

【必見】高齢者向け風俗・シニア向け風俗の魅力と利用のポイント

   

女性向けのコンテンツではないですが、最近急激に需要が増えている。シニア・高齢者向け風俗を取り上げたいと思います。

シニア・高齢者向けの風俗店はここ10年くらいで増えてきました。中高年・高齢者の風俗利用の増えている理由の一つとしては団塊の世代がリタイアしたの同時に年金制度により、金銭的にも余裕があるのが背景にあると言われています。また以前に比べてシニア・高齢者は昔に比べて寿命が伸び健康であり、還暦過ぎても性的にもまだまだ現役な人が多数です。
実際に雑誌等のアンケートによると、60歳以上の男性500人のうち「今でもSEXをしている」と回答をした人はちょうど半数の50%にもなるそうです。また一方で若年層の草食化による、風俗利用の減少も少なからず影響していると思います。お金も時間にも余裕のあるシニア・中高年層のほうが風俗利用がメインになるのはそうした時代背景があるのではないでしょうか。

高齢者向け風俗・シニア向け風俗と通常の風俗との違い

高齢者向け風俗・シニア向け風俗と通常の風俗との違いはどういうところが違うかどうか見ていきたいと思います。

通常の風俗店との大きな違いは通常の風俗店はお客も風俗店側も最終目的が「射精するため場所」としての認識が多く、射精できるかできないかという点にサービスをフォーカスをされがちですが、高齢者向けの風俗店の場合は必ずしも射精が目的ではないです。どちらかというと高齢者の客は風俗に身体ではなく心の方の癒しを求める人が多いので、心も満足してもらえるよう気配りやコミュニケーションにウエイトをおいている高齢者向けの風俗店が多いような気がします。

ED(勃起不全)や勃起して射精できない人から風俗が楽しめないのではないかという不安をお持ちの方も多いと思いますが、会話やスキンシップでも十分楽しめるようになっていますし、女性に対してのテクニックで喜ばせる楽しみもあったりします。高齢者向けの風俗店のメニューとしては射精メインではなくライトプレイ中心や店外のデートメニューも用意している風俗店もあります。実際シニア世代はキス・フェラチオ・素股など風俗の基本的なプレイの他にバイブやローターなどのオプションを追加する人も多いそうです。

風俗嬢も普通の風俗店の風俗嬢に比べて、「接客の丁寧さ」を重視しており気配りやコミュニケーションがうまい風俗嬢が多いのが特徴です。ヘルパー資格を持つ女性を積極的に採用したりしているシニア向け風俗店もあったりします。また高齢者向けの風俗店では、客が心臓発作を起こした場合の対処法について、風俗嬢も男性従業員も研修しているところもあったりします。

高齢者向け風俗・シニア向け風俗の利用のポイント

高齢者向け風俗・シニア向け風俗の利用のポイントとしてはシニア向け風俗専門店の利用が一番安心できると思います。またシニア向け風俗専門店以外の場合は、シニア向けのコースを用意している風俗店がいいでしょう。その際、シニア割引等を用意している風俗店があるので必ず利用する前にチェックをしましょう。

高齢者向け風俗・シニア向け風俗のおすすめサイト

日本全国の風俗情報専門サイトの「ぴゅあらば」

日本全国の風俗情報専門サイトの「ぴゅあらば」さんの高齢者向け風俗の紹介コーナーになります。
https://www.purelovers.com/feature/senior/

中高年専門デリヘル「こころあわせ」

メディアでよく紹介されている中高年専門のデリヘル「こころあわせ」さんです。60歳未満お断りのお店としてシニア専門のデリバリーヘルスとして営業をしています。
http://kokoroawase.com/

 - その他, 全ての記事