精飲・飲精(口内射精/口内発射)が苦手な人の対処方法

サイト運営費用捻出のためアフィリエイトバナーとリンクを貼っています。

男性からしてみると一度は憧れる「口内射精(口内発射)」。口内射精とは口内へ男性が精液を射精する行為です。

フェラチオの最中に口内に射精されることもあるかもしれません。

また挿入後のフィニッシュにあえて口内射精をするパターンもあるでしょう。

口内射精がポピュラーになった理由としてはアダルトビデオの影響を大いに受けているのではないかと思います。

でも女性側からしているとそれほど憧れるものではありません。

むしろ精飲・飲精(口内射精)は苦手とという人もいるかもしれません。

口内射精を受け入れられないからといって、愛が足りないということはありません。今回は口内射精について取り上げみました。

目次

口内射精を男性が好む理由

そもそも口内射精を男性が好む理由としては、口内射精をすることで精神的な「征服欲」が満たされるのが一番大きな理由ではないでしょうか。

男性にとっては口内射精は「征服欲」や「支配欲」が満たされる行為だと思います。

とくに独占欲の強い男性はその傾向が強いようです。また口内射精の延長線上のイラマチオなんかは典型的な征服欲を満たす行為だと思います。

口内射精と精飲・飲精(精液を飲むこと)

口内射精の苦手は人の多くは精液の独特の匂いが苦手という人が多いです。口内射精と精飲(精液を飲むこと)は一緒と考えている女性も多いですが、必ずしもセットではありません。

どうしても精液の独特な匂いやドロドロ感が苦手な人は精飲する必要はないと思います。

ちなみに精液は体調や食生活の影響があるそうです。コーヒーやアルコールを多く摂取する男性の精子は苦く、フルーツや野菜を多く食べる男性の精子はまろやかな味がするそうです。

それとなしにパートナーや彼氏に言ってみるといいでしょう。

口内射精が苦手の方の対処方法

口内射精が苦手の人は精子のドロドロした感触が苦手・生暖かさが苦手・匂いが苦手等あると思います。いくつか対策方法を記載しました。

口内射精時の受け止め方

射精の瞬間は口を動かさないことと口内射精の瞬間はペニスの根元に手を添えているとドクドクと脈打つような感覚によって射精の長さがわかりますので、射精が完全に終わってから口を離すようにしましょう。

射精を受け止める場所を味覚が感じない場所で受けとめる

精液の匂い・精子のドロっとした感触が苦手な方は射精をするときに味覚を感じない場所、例えば喉奥の部分や舌でも味覚を感じない場所(舌は場所によって味の感じ方が違います)で受け止めると多少は違います。

なるべく口の中に唾液を溜めておく

精子のドロっとした感触が苦手の方は射精の瞬間になるべく口の中に唾液を溜めておくことをおすすめします。

そうすることより精子のドロッとした感触も薄くなります。出された精液を唾液で薄めることができ、いくらか苦手な味とニオイを軽減することができます。

射精時息を止める

精液の臭いが苦手な方は射精時、飲み込む瞬間だけ息を止めてみることをおすすめします。

息をとめておくことにより、嗅覚がストップしますので精液特有の臭いも薄らぎます。

口内射精後の処理の仕方が重要

口内射精後の精飲(精液を飲むこと)しない場合は、お口から出すことになりますが、出し方に可愛らしいアクセント加えるのがポイントです。

汚いものを吐き出すかのようににティッシュに吐き出したり洗面台に出すのはあまり男性の気分的にはよくありません。

例えば「いっぱい出たから飲みきれなかった」と口内射精が好きな男性は征服欲が強いので可愛い出し方(ビジュアル的に)をすることにより、征服欲が満たされるという満足感が得られます。

口内射精自体が苦手な人は胸に出してとか口を閉じたまま出してでもいいでしょう。可愛く・素直に伝えることが重要です

この記事がよかったらシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!

この記事の執筆者

フリーランス歴5年。女性向けのサイトのWEBマーケティングやフェムテック関連の仕事をしています。また女性向け性のお悩み事のオンラインアドバイザーも。セルフプレジャーアイテムは新製品が出る度に複数のラブグッズをトライ&レビューをしています。

目次