*

【詳説】SVAKOM CICI/COCOのフレキシブルバイブの特徴とレビュー

SVAKOM(スヴァコム)のバイブの中でもフレキシブルバイブとして人気でおすすめなのはSVAKOM CICIとCOCO(スヴァコム シシとココ)になります。フレキシブルバイブの特徴としてはカーブしたヘッドがフレキシブルに曲がり、身体に沿ってしなやかにフィット・優しくタッチできることができます。

特にCICIとCOCOは他のバイブに比べて先端部分が細く・小さいのでクリトリスやGスポット等のピンポイント刺激に最適でローター代わりとしての活用もできます。また先端部分が細いのでバイブ初心者にもおすすめです。

このサイトで何度かとりあげているスヴァコムはAmazonでも売り上げランキングの上位にくるほど人気です。洗練されたデザインと最新機能満載にもかかわらず、リーズナブルプライスなのが人気の理由だと思います。

SVAKOM CICI・COCOの違い

現在、Amazonでは似たような機能のSVAKOM CICI・COCO(スヴァコム シシ・ココ)が販売されていますが、SVAKOM CICIの方が、日本で正式に販売されているものになるかと思います。SVAKOM COCOの方が日本で販売れていない輸入品になるのではないと思います。
COCOの方安いですが、保証・日本語の説明書・安全性を考えるとCICIを購入したほうがいいでしょう。今回はCICIの方を紹介したいと思います。

SVAKOM CICI


SVAKOM CICI バイブ 口紅の太さ 初心者向け指型のローター ヘッドに波紋 レッド

■SVAKOM CICIの価格はこちら>>

SVAKOM COCO


SVAKOM Coco バイブ 口紅の太さ 初心者向け指型の細いローター パープル

■SVAKOM COCOの価格はこちら>>
■SVAKOM COCOの詳細はこちら>>
■SVAKOM COCOのその他のレビューはこちら>>

SVAKOM CICIの特徴

スバコム シシの特徴としては細長いスティック型のバイブで先端部分が柔軟に曲げることができるフレキシブルタイプになります。先端部分は直径2.5cmの細さで前後120度ほど曲がるみたいです。指のような感覚でクリトリスやGスポット等ピンポイントに刺激を与えることができます。素材はシリコン素材で肌ざわり・手触り感もプラスチック製の冷たい感じはなく、サラサラしたなめらかな触り心地です。

振動は5種類の振動パターンと5段階の振動強弱機能で合計25パターンです。USB充電式で充電完了まで2時間/連続動作4時間です。生活防水に対応しているのでメンテナンスも楽です。
■SVAKOM CICIの説明の続きはこちら>>



SVAKOM CICIの紹介動画

SVAKOM CICIを購入した人のレビュー

今回が初めてのアダルトグッズ購入となります。本品を選んだ決めては、防水設計でお風呂でも使用できる事、静音である事です。
想像していたより少し大きいかな?と思ったものの、握ってみると自分の手にフィットして、扱いやすかったです。しかも、思ったところにシッカリとどいてくれます。
比較する対象が無いので、音の大きさを他の物と比べられませんが、ローターの中では、きっと小さな音だと思います。水中で使用する時は、音が気になりませんでした。
とても軽いけれど、パワフルです。強弱は5段階ですが、身体との距離や力加減でも強弱をつけられます。
5つの振動パターンと合わせて、幅広く楽しめます。水中では振動が身体全体に響き、また違った雰囲気を味わえました。
自分が重点を置く機能を備えているし、加えて質感が良く、気持ち良いです。

他のメーカーの太いタイプを試したけど、ちょっと痛くて、細い本機を買い直しました。
中イキのトレーニング中なので、このタイプはいい所に当たりやすいますね。
昔ローターを使った時は中に神経ないかなっていうくらい鈍感でしたが、やはりよく使うと変わりますね。
強弱とモードの切り替えボタンは同じで、たまに想定外の結果になりますが、それもそれで一興であるかもしれません。

おもちゃ初心者さんからも使える細身ボディ。
ヘッドでポイントをツンツンしたり押さえたり、ヘッドの内側の凹凸に擦ったり引っかけるように使ってもよいですね。
クリトリスや乳首、Gスポットへの刺激はもちろん女性器だけではなくアナル開発をしている男性陣にもオススメであります

■SVAKOM CICIのその他のレビューはこちら>>

 - すべての記事一覧, ラブグッズ