【詳説】スペンス乳腺(Bスポット)の開発・愛撫方法

【詳説】スペンス乳腺(Bスポット)の開発・愛撫方法

スペンス乳腺という言葉を知っていますか?女性の性感帯で代表される場所は乳首・クリ・Gスポット・ポルチオですが、乳房にもスペンス乳腺という性感帯があります。スペンス乳腺自体有名になり始めたのはつい最近で2015年頃になります。スペンス乳腺とは医学用語ではなく俗称でまだ研究報告もされていない場所になります。このスペンス乳腺についてまとめました。

スペンス乳腺とは

スペンス乳腺とは通称「胸のGスポット」とも呼ばれ、女性のおっぱい部分にある性感帯になります。「Bスポット」とも呼ばれています。スペンス乳腺とは乳房の腋下周辺(胸と脇の下の境界部分)、ちょうど「横乳」といわれる辺りを指します。スペンス乳腺「Bスポット」は胸の脇のそばにあることもあって、女性によって「ものすごく感じるか」「くすぐったいだけか」等感度の反応が分かれる場所でもあります。


スペンス乳腺(Bスポット)の愛撫方法・開発方法

スペンス乳腺の開発方法は最初はくすぐったいだけかもしれませんが、感度の開発をすることにより、だんだんと感じるようになります。毎回少しずつ愛撫するようにして徐々に開発していくことが重要です。乳腺が気持ちよくなると、相乗効果で全身の感度高まるのと、バストアップの効果も期待できます。スペンス乳腺の愛撫方法は体のラインに沿ってフェザータッチをしたり、舌を細かく動かしながら気持ちいいポイントを見つけたりして刺激するといいでしょう。「ほぐす」感じで刺激をするといいかもしれません。
強い刺激を与えると、痛みを感じることがあるので注意が必要です。

また脇の下の部分に刺激を与え続けるので、くすぐったいのが極度に苦手な人は、途中でギブアップしてしまうと思います。「くすぐったいけど、ギリギリ耐えられる」くらいがいいでしょう。くすぐったい場合はローションを使うのもいいでしょう。

胸(おっぱい・乳首)は正面か攻めている人が多い

胸(おっぱい・乳首)の愛撫はなかなか難しいです。女性の胸は脂肪でほとんどできているので性感帯としては鈍い部類に入ります。むやみに揉んでも感じないですし、強く揉めばいいというわけではないです。例えば乳首の刺激方法ですが、側面から乳首を刺激する場合と、正面から乳首を刺激する場合とでは違います。快感の強さは正面のほうが強いですが、側面からじわじわと刺激してすることにより焦らしプレイになり結果として感度がよくなります。

必見!人気の「スペンス乳腺開発クリニック」シリーズ

スペンス乳腺と聞くとAVを想像する人も多いのではないでしょうか。スペンス乳腺開発クリニックシリーズはAVメーカーOPPAIから販売されているスペンス乳腺を責め立てた初の作品で人気のシリーズになります。スペンス乳腺を責めるのにとても勉強になるAVです。OPPAIは巨乳と爆乳でありGカップ以上の女優しか契約できないおっぱい専業メーカーです。



■スペンス乳腺開発クリニック8タイトル大ボリューム480分BESTの詳細の続きはこちら>>



■スペンス乳腺開発クリニック8タイトル大ボリューム480分BEST VOl.2の詳細の続きはこちら>>

セックスカテゴリの最新記事