【懐かしい】女性向けアダルト雑誌・エロ本「エルティーン・パステルティーン」 

最近ではひとりエッチネタとしてはスマホでの動画や漫画が多いのではないでしょうか。少し前の世代にはレディースコミック(レディコミ)や女性向けアダルト雑誌がありました。

エルティーン・パステルティーンで女性向けアダルト雑誌の教科書的存在

女性向けアダルト雑誌の代表としてはエルティーン・パステルティーンで女性向けエロ本の教科書的存在でした。残念ながら現在は2誌とも廃刊になってしまっています。

エルティーン・パステルティーンともに10代の女子向けのものでポップティーンと名前は似ていますが中身は全く違います。

男性向けのエロ本とは違いビジュアルがメインではなく、読者投稿(イラスト投稿もありました)がメインでエッチな体験談やエッチな悩み告白がメインで性の知識を得るには十分すぎる内容でした。国会でも取り上げられたり、東京都の有害図書にも指定されるほど内容は過激でした。

「パステルティーン」と「エルティーン」ともに買うのは勇気がいるので学校で友人から借りたり(回し読み)していた人も多いのではないでしょうか。今はスマホで気軽にひとりエッチネタを見つけることができるので便利な世の中の半面、あの買うときのドキドキ感や学校で持ち物検査がないかどうか、部屋で親にばれないするにはのドキドキ感が味わえないのは残念でもありますね。。

パステルティーン(笠倉出版社発行)

パステルティーンは創刊は1991年で発行は笠倉出版社でした。発行部数は公称15万部でした。

主に中学高校生を対象とした誌面構成で読者からの体験談や相談コーナー・ひとりエッチ大辞典等、かなり過激な内容でした。

エルティーン(近代映画社発行)

エルティーンは、かつて近代映画社から発行されていた雑誌でエルティーンコミック・「エルティーンスペシャルもありました。創刊は1982年と意外と古いです。発行部数は公称35万部でした。

エルティーンは過激な性描写がたびたび問題になり、過激な描写はエルティーンスペシャルに移行して、エルティーン自体はファッション雑誌というカテゴリーに戻りました。

エルティーンスペシャルは2005年に休刊をしています。

誰にもバレずにアダルトグッズが欲しい!
スポンサーリンク