*

【必見!】確実にイク「Gスポットオナニー」の方法

指やおもちゃで膣内を刺激するオナニーで一番のポイントはGスポットを刺激することだと思います。Gスポットオナニーは中イキ初心者の人にもわかりやすい性感ポイントでおすすめですし、Gスポットは気軽に膣内の快感(中イキ)を得るポイントなので、今までクリトリス中心だった人はぜひGスポットオナニーチャレンジしてみてください。今回Gスポットオナニーのポイントをまとめました。

Gスポットの場所・Gスポットを探す方法

1:仰向けに膝を立てて寝転び、ローション・愛液で濡らします。クリトリスを十分刺激してから(クリトリスオナニー)Gスポットを刺激するといいでしょう。

2:膣の中に人差し指か中指を1本軽くおへその方に曲げながら入れます。

3:Gスポットは恥骨の裏側あたりにあります。中指第二関節が入り口あたりになった時に第一関節を曲げると指の腹辺りの場所がGスポットと言われています。(膣の入り口から4cmほど)

4:その周辺にザラザラとした感触(小さいイボ状の感触)があればそれがGスポットです。

・Gスポットはザラザラしてたりブツブツしている感覚が多いです。性的な興奮をすると少し膨らむ人が多いです。
・Gスポットは個人差もありますが、一般低にはコイン程度の範囲です。
・Gスポットは実は初めから感じる場所ではありません。
・Gスポットは人によっては快感ではなく、痛みのほうが強かったり場合もあります。

Gスポットの刺激の仕方

Gスポットの刺激の仕方は、圧迫がポイントになります。Gスポットを見つけたら、軽くトントンとGスポットを指で刺激したり、圧迫するように指を押し付けたりしましょう。実際はゆっくりと丁寧にほぐしてあげること感じのほうがあっていると思います。おしっこがでる感覚が出て来たら、少し強く刺激してあげると良いでしょう。

Gスポットの快感・オーガズム

・Gスポットのオーガズム感覚としてはじわじわとくる快感です。
・Gスポットを刺激をすると初めのうちは膀胱に近い場所なので、おしっこに行きたい感覚になることが多いです。(Gスポットを開発されていない人に多いようです)

Gスポットオナニーを手で快感を得れない場合はGスポットバイブがおすすめ

Gスポットを手で継続的に刺激をするのはかなり手首等疲れます。またなかなかGスポットを見つけることも難しいです。Gスポットで確実にイキたい場合はGスポット専用アダルトグッズを利用するのおすすめします。最近では通常のアダルトグッズでもGスポット専用のアダルトグッズ(Gスポット専用バイブ)が市販されています。

Gスポット専用バイブと通常のバイブとの違い

通常のアダルトグッズでGスポットを刺激するのはなかなか難しいです。ここで補足としてGスポット専用バイブと通常のバイブとの違いはどう違うのかまとめてみました。

■Gスポット専用バイブと通常のバイブとの違いは長さの違いがあります。
Gスポット専用バイブは従来のバイブに比べて短くなっています。通常のバイブは膣奥の刺激も考慮されており、長く設計されています。

■Gスポット専用バイブは先端部分のカタチに特徴があります。
Gスポット専用バイブは先端部分の角度が急に曲がっていたり、Gスポット全体を刺激するように丸く大きくなっていたりするものが多いです。
SVAKOM TRYSTAの場合はGスポットにあたる先端部分は円柱をスパッと斜めにカットしたような平らな面状になっています。

■Gスポット専用バイブは先端部分にモーターがあるモデルが多い
Gスポット専用バイブは先端部分にモーターがあるモデルが多いです。Gスポット部分を直接刺激をする必要があるので、クリトリス部分と先端のGスポット部分に2個搭載しているモデルが多いです。

おすすめGスポット専用バイブ

SVAKOM AMY(スヴァコム アミ) Amazonでレビュー数150件以上・初心者向けGスポットバイブ


SVAKOM AMYバイブ

Amazonでも大人気のGスポットバイブ、SVAKOM AMY(スヴァコム アミ)は初心者におすすめなGスポットバイブです。Gスポット専用バイブは先端部分が大きく、角度が急なものが多く初心者には挿入するのに不安を感じるものですが、SVAKOM AMY(スヴァコム アミ)は角度がなめらかで先端部分も程よく大きいので安心感があります。

機能面も5段階のパワー調節と6種類の振動で合計30パターンの刺激・USB充電方式・静音性も高く、生活音に紛れるくらい静かです。また医療用シリコンでできているので肌触りもよく肌に馴染みやすく違和感がないのもポイントです。リーズナブルプライスなプライスなので一度試して見る価値はあります。
★SVAKOM AMYの詳細な続きと購入された方の感想はこちら>>

SVAKOM Trysta(スヴァコム トライスタ) 一番おすすめ、手でGスポットを刺激する快感に最も近いバイブ


SVAKOM Trysta

Gスポット専用バイブとして一番のおすすめはSVAKOM Trysta(スヴァコム トライスタ)です。SVAKOM Trysta(スヴァコム トライスタ)Gスポットへの刺激に特化したバイブです。仕組みとしてはバイブの先端にローリングボールがついていて、ボタンを押すとボールが上下に優しく動き、Gスポットがまるで指で擦られている(掻き出す感じ)ような快感を得るようにできています。今までのバイブでは感じることができなかったGスポットへのダイレクトな刺激が可能になっています。また先端部分が形が従来のGスポット専用バイブにはなかった先端部分は円柱をスパッと斜めにカットしたような平らな面状になっています。デザイン全体はスヴァコム共通のとても洗練されたデザインです。

クリトリス側のバイブ部分はフレキシブルになっており、クリトリスにフィットするようにできています。もちろん独立した2つの振動モーターで同時に刺激を得ることができます。静音設計で生活音にかき消される音のレベルです。振動のパターン強弱はバイブパターン:7種類・バイブ強弱:5段階で合計25パターンになります。生活防水なのでメンテナンスも楽です。
★SVAKOM Trystaの製品説明の続きと購入された方の感想はこちら>>

■こちらの記事も一緒にご覧ください↓

SVAKOM Trysta(スヴァコム トライスタ)完成度の高いGスポット専用バイブ

オルガスター(昔からの定番ロングセラー)


オルガスター


オルガスターはGスポットを向きのバイブとしてはロングセラーアイテムです。女性器の形状を考え、研究に研究を重ね、一番気持ちいい形を追求していき、このような形状になっています。先の方は動いたりしないため、全体的にバイブ機能としては優しく初心者向きですね。オルガスター先端部分が大きめでGスポットに当たる感じなのとちょうどGスポット辺りにひっかかり、抜けにくい構造になっています。根元の部分は同時にクリトリスをに当たるようになっています。

★オルガスターの製品説明の続きと購入された方の感想はこちら>>

キャスパー(最近の定番キュートなフォルムが人気)


キャスパー

最近ではオルガスターより人気で定番になりつつあるキャスパーです。キュートなフォルムで親しみやすさが人気です。特徴的なのは大きなヘッド部分と腕のように飛び出た2つの突起物です。小さく出た2つの突起物はクリバイブといってクリトリスを両側から優しく挟んで剥き出すように刺激します。モーターがヘッドバイブとクリバイブの両方についているのでちゃんとピンポイントな刺激を体感できます。またヘッド部分が大きいのでGスポットに的確に当たるのとなかなか抜けないので、軽く手を添える感じで大丈夫です。逆にキャスパーはヘッドの部分が大きいので初心者にはヘッドの部分が小さいキャスパーキューティーのほうをおすすめします。

★キャスパーの製品詳細と購入者レビューはこちら>>
★キャスパーはAmazonで購入できます>>
★キャスパーキューティーの製品説明の続きと購入された方の感想はこちら>>

潮吹きバイブII ローターダブル内蔵KO-MON様


潮吹きバイブII ローターダブル内蔵KO-MON様シリーズ 【 二代目助さんver.】 単4電池4本タイプ

バイブとしておすすめなのは潮吹きバイブII ローターダブル内蔵KO-MON様シリーズです。Gスポット用は通常のバイブでは少し長すぎるので短めのバイブと先端部分が角度のがついているものを選ぶのがポイントです。潮吹きバイブII ローターダブル内蔵KO-MON様は先端の角度がGスポットに当たるように設計をされているのと大小ヘッド部分にはマイクロローター2個搭載 ヘッド部分は強力スイング機能を搭載しているので快感が倍増します。もちろん名前の通り潮吹きバイブとしても有名です。

★潮吹きバイブII ローターダブル内蔵KO-MON様シリーズの製品説明の続きと購入された方の感想はこちら>>

その他カスタマレビュー★印4以上の人気のGスポットグッズの一覧>>

 - すべての記事一覧, セルフプレジャー