【注目】フェムテックの市場将来性と代表的なフェムテック企業

【注目】フェムテックの市場将来性と代表的なフェムテック企業

フェムテック(FemTech)という言葉を聞いたことありますか?最近IT業界でも注目の市場でフェムテックは「Female+Technology」を組み合わせた造語で女性の健康に関する課題をITのテクノロジーを使って解決するビジネスをいいます。

フェムテック(FemTech)とは

フェムテック(FemTech)とは「Female + Technology」を組み合わせた造語になります。生理日管理アプリを開発したドイツのスタートアップ企業・クルーのCEO(最高経営責任者)アイダ・ティンが2013年頃に用い、広まったとされます。基本的なコンセプトとしては「テクノロジーで女性のヘルスケアやライフスタイルをサポートしよう」というのをコンセプトになり、女性に特化したヘルスケア分野のことを指します。具体的には「生理日管理アプリ」「基礎体温計測」「不妊治療」「妊娠」「生理」に関するビジネス」等、今ままでにない製品やソフトウエアが生まれてきています。ビックデータやAIの進化により従来解析不可能な女性のヘルスケアデータも分析が可能になったのが大きいです。

フェムテック(FemTech)の市場規模

フェムテック(FemTech)の市場規模は2025年までに500億ドル規模にまで成長する可能性があるとされています。AppleWatchやAIテクノロジーの進化によりヘルスケアビジネス市場は将来性が高いです。また男性のデータに比べ、女性のヘルスデータは圧倒的に不足していると言われています。人口比でも人口の半数を占める女性がその市場が今ままで手を付けられていなかったので市場の成長規模は高いと見るのが普通だと思います。

日本におけるフェムテック(FemTech)の課題・将来性

日本におけるフェムテック(FemTech)の課題・将来性はどうでしょうか? 残念ながら海外市場ほどフェムテック系に関しては開けているというのが言えないのが現状です。大きな理由としては「薬事法」等法律の問題があるのと、フェムテックのような女性ヘルスケア市場に寛容でないのが大きな障害の理由です。

例えば基礎体温計の製品を販売するとなると薬事法の承認が必要であり、薬と同様に臨床治験という工程が必要になります。そうするとベンチャー企業ではなかなかハードルが高く大手企業でないと承認販売しづらい面があります。
また「女性ヘルスケア」ビジネスに寛容でない理由の一つとしては、ビジネスの決済権は男性(年配)の人が多いことが多く、女性ヘルスケアビジネスの重要性を理解できる人が少ないのが要因としてあげられます。実際になかなかおじさんに生理痛の辛さや基礎体温の重要性を理解できる人は少ないと思います。

代表的なフェムテック(FemTech)の企業

フェムテックのカオスマップに表示されている企業だけでもすでに70以上の企業が存在します。記載されていない企業や将来性を考えるとまだまだ増加すると思います。代表的なフェムテック企業をいくつか紹介したいと思います。

■cbinsights femtechmarketmap>>

Elvie (ケーゲルトラッカーのウェアラブルデバイス)




このサイトでも過去に紹介していますが、ケーゲル(骨盤底筋)トラッカーを鍛えることにより、ダイエット・骨盤の歪み改善・姿勢(猫背)の改善・呼吸の改善・尿もれ等の予防改善等メリットが大きいです。膣トレーニングとしても人気で骨盤底筋は女性にとって重要なインナーマッスルといえます。

Elvie(エルビー)はスマホのアプリのガイドが正しいトレーニング方法を教えてくれるだけでなく、膣に挿入したデバイスが自分の骨盤底筋の状態を感知することでトレーニングが正しく行えているか、アプリが教えてくれます。骨盤底筋は見た目ではわからない筋肉なのでビジュアル的に鍛えているか体感するのが難しさがあったのですが、それをビジュアル化したのがElvieのすごいところだと言えます。また膣圧をリアルタイムで測定なのはElvie(エルビー)だと思います。イギリスの国民保険サービス「NHS」でも認可されており、医療従事者1,000人からも推奨されています。

Elvieは2013年の創業以来、すでに860万ドル以上を調達しておりフェムテック企業の中でも将来有望の企業の一つです。

■Elvie>> 
■ElvieはAmazonで購入できます>>

Natural Cycles(スマホ避妊アプリ)




スウェーデンのストックホルムに本社を置くNatural Cyclesはスマートフォンで月経周期・毎日の基礎体温をAIで分析し・避妊が必要かどうかを教えてくれるアプリです。米食品医薬品局(FDA)が望まない妊娠を予防する医療機器として承認した。欧米の国家機関が臨床効果を初めて認めた避妊アプリになります。すでに世界160カ国以上で使用されています。

スウェーデンの物理学者夫婦が、ナチュラルにかつ効果的に避妊できる方法を模索し開発。毎朝ベッドから出る前に基礎体温計で体温を測り、Natural Cyclesアプリに入力。月経やLHテスト(排卵日予想検査)などの追加データ加えてアプリがデータを分析、妊娠しにくい日を緑・妊娠しやすい日を赤で表示。平均年齢29歳の女性2万2785人、22万4563の月経周期のビックデータを元に分析して、それぞれの人にあったアルゴリズムが作られ、妊娠しやすい日とそうでない日を判断しています。まさにビックデータ・AI・フェムテックのキーワード体現したサービスになっています。

■Natural Cycles>>

Clue(ドイツの生理管理アプリ)




Clueはドイツ発の生理サイクル予測アプリです。現在、日本語も含め15カ国語に翻訳されて、すでに500万人以上の利用者がいます。Clueは生理日や排卵日の予測だけでなく、PMS症状が起きやすい日も計算して教えてくれます。スマートでスタイリッシュなデザインとレイアウトがとても使いやすいです。日本だとどうしても女性向けデザインというとなぜかピンク系やかわいい系なデザインしがちですが、Clueはそんなことなく洗練されたデザインが逆に普段使いでも違和感なく・飽きが来ないのでおすすめです。

■Clue>>

その他カテゴリの最新記事