【詳説】遅漏の原因・遅漏を改善する最近のトレンド

【詳説】遅漏の原因・遅漏を改善する最近のトレンド

女性向けまとめサイトのお悩み相談を見ているとかなりの割合で上位に来るのが、「彼氏がイカなくて困る」「エッチの時に彼がなかなかイカないです」「彼がエッチでイカない」という相談が目に止まることが多いです。アンケートでもかなり割合で彼がイカない経験(遅漏)に遭遇している人が多いです。

セックスのとき、彼が「イカない」経験はありますか?
http://www.lc-net.net/quick_en/ques395/

彼が「イカない」場合、女性目線で考えると「自分に魅力がないから?」「私じゃ彼を満足させられないのかしら」などと心理的に不安になってしまう女性も少なくはないと思います。実際にはその要因はそれほど多くなく、遅漏は別の要因の方が多いと思います。

遅漏とは

早くイク場合は「早漏」ですが、イカない場合またはイクのに時間がかかる場合は「遅漏」といいます。男性としても早漏より遅漏のほうが悩みが深いです。具体的には遅漏は通常のセックスで膣内射精が長く遅れる状態・または膣内射精ができない状態を言い、射精障害・膣内射精障害・射精遅延・射精困難とも言われることが多いです。また射精感はあるのに精液が出てこない場合も逆行性射精といい、これも遅漏の範疇と言われています。

遅漏の問題点

遅漏が問題になる理由としては挿入時間が長過ぎることにより女性側が苦痛になってしまうことと、そしてセックスが途中で終わってしまうために男性側も満足できないことでお互い気まずくなることが遅漏の大きな問題です。

遅漏の時間の定義

遅漏の時間の定義ですが、どの位の時間が遅漏かというと特に定義はないですが、通常の射精は4~10分が多く、30分~45分以上は遅漏と判断されるようです。

遅漏の主な要因・遅漏を治す解決策

遅漏の原因・遅漏を治す解決策を下記それぞれにまとめました。

過度な自慰行為・刺激の強いオナニーによる遅漏

遅漏の主な要因としては、過度な自慰行為・刺激の強いオナニーの要因がかなり多いのではないでしょうか。例えば「手で強くペニスを握りしめてオナニーをしていたり、刺激・締めつけの強いアダルトグッズを使用している場合」や「マスターベーションのスタイルも床にこすりつけて射精をするオナニー(通称・床オナニー)・こすりつけオナニー・足ピンオナニーが原因の場合」などがあります。

また視覚的・ビジュアル的な原因としてはAVの普及している現在、「普段から過激なAVを見ていると実際のセックスとではかけ離れてしまう場合」もあります。

床オナニーをしていると床オナニーの刺激的な感覚に慣れてしまい、実際の女性のとの行為の時に快感を得られなくなるばかりか、女性の膣の締め付けはオナニー全般よりも緩いので強い締め付けに慣れて、勃起しない、行為の途中で中折れするなど、遅漏・膣内勃起不全になって膣内射精障害を発症してしまいます。また、勃起できない事に焦りを感じて心因性のEDを併発する事もあります。

足ピンオナニーとは足を伸ばした状態でマスターベーションをすることをいいます。足ピンオナニーをしているとその体勢でないとイカなくなってしまうので、セックスではイケない状態になってしまいます。

遅漏の解決策としてはオナニーを控える「オナ禁」がベストだと思います。ただいきなり「オナ禁」はハードルが高いという場合は、まずは刺激の弱いオナニーのやり方「床オナニーから手コキとかローションを使って等」変えてみる方法をおすすめします。

最近の遅漏解消のトレンドとしてはTENGAヘルスケアトレーニングカップのような遅漏解消トレーニング用オナホ等を利用するのも効果があります。
なかなか彼氏に対して言いづらいかもしれませんが、彼氏のことを思って勇気をだして進言するのもありでしょう。彼氏も現状をいいと思っている人は少ないかもしれません。きっかけを求めている場合も多いでしょう。

薬物やアルコールの影響による遅漏

遅漏の原因は薬物やアルコールの影響もあります。うつ病・糖尿病・降圧剤やうつ病などの服用している薬による副作用よる薬物の影響もあるようです。もし服用している薬が原因ならば薬を処方してもらっている医師に相談してみるといいでしょう。副作用の出にくい薬に変えてもらえることもあります。
また過度のアルコール摂取(飲酒)も影響します。過度な飲酒は勃起不全とかもありますが遅漏にも影響があります。

心因性(精神的・メンタル)な問題による遅漏

遅漏は心因性に起因することも多いです。ペニスは非常に繊細な器官なので肉体面だけでなく・精神面の影響も多く受けます。過去の性的なトラウマや心的トラウマ(深層心因)や性的プレッシャーまたパートナーに対して何か不満があったり関係性に不安を感じていたり、パートナーとは関係のないところでの大きな悩みがあったりという日常的ストレス・精神的な問題(現実心因)が遅漏を引き起こすことが多いです。

最近では妊活中のセックスがプレッシャーになり遅漏になることがあります。また絶対「イカないと」とか今度こそ「イカないと」という焦りがまた遅漏になる可能性もあるので射精することのハードルやプレッシャーも遅漏の要因になるので注意です。

心因性な問題が原因での遅漏の場合、その根本的な悩みを対処改善することで遅漏も改善される可能性が高いです。パートナーとのコミュニケーションを改善や専門家のカウンセリングを受ける等が有効です。
また必ずしも射精がセックスのゴールラインと決めつけずスキンシップを楽しむ等、気持ち切り替え・発想の転換が必要です。

過労・疲労・疲れによる遅漏

過労・疲労・疲れが遅漏になる場合もあります。このところ仕事が忙しくてとか、睡眠不足等疲れが溜まっていると遅漏になりがちです。まずは疲れを取ること休息が大事です。遅漏は一時的なもので疲労が回復すれば遅漏も改善されるでしょう。

年齢・加齢による遅漏

年齢・加齢による男性ホルモンのテストステロンの減少や身体機能の低下が原因で遅漏になる場合もあります。射精するにはそれなりの体力と精力が必要になります。体質改善や運動不足の方はトレーニングをすることが対処法となる場合もあります。



遅漏を治す・遅漏解決策としては体位の工夫やコンドームも工夫も効果あり

遅漏を治す・遅漏解決策としてはセックスの体位の工夫やコンドームの替えてみるのも効果があります。

体位を工夫して遅漏を改善する

セックス時の体位をなるべくペニスの締め付けの強い体位をすることにより遅漏を改善する方法もあります。「うつぶせになり脚を閉じた状態で後ろから挿入する寝バック」や「脚を閉じた正常位(四十八手でいう締め小股)」「騎乗位で前傾姿勢になり骨盤だけを上下させる。(勃起角度と膣の角度に差をつけることでペニスに抵抗がかかる)」等いづれもペニスを締め付ける体位になります。

遅漏の場合、薄いコンドームも効果的


オカモトゼロワン0.01ミリ3個入り

■オカモトゼロワン0.01の詳細な説明とレビューはこちら>>

コンドームを着けると遅漏になるという人のほとんどは仮性包茎だと言われています。コンドームを着けること自体よりも、コンドームの中で皮がうまく動かずに不快感になるらしいです。コンドームの中にローションをほんの1.2滴入れてから被せると皮のひっかかりが無くなります。また薄いコンドームを着用するのも効果的です。

最近の遅漏改善のトレンド「TENGAヘルスケアトレーニングカップで遅漏度具合を計測・遅漏解決トレーニング」


TENGAヘルスケア メンズトレーニングカップ コンプリートセット

遅漏を改善する最近のトレンドとしてはTENGAヘルスケアトレーニングカップをおすすめします。TENGAヘルスケアトレーニングカップは画期的な遅漏改善アイテムです。刺激の違う5つの製品を段階的に使用することで男性機能をトレーニングすることができるようになっています。遅漏の方はMEN’S TRAINING CUP FINISH TRAINING メンズトレーニングカップ フィニッシュトレーニングのシリーズになります。TENGAヘルスケアトレーニングカップをおすすめ理由は射精に必要な適度な圧力がわかるからです。射精に必要な圧力を知ることはとても重要です。自分がどのレベルの遅漏なのか把握することができるからです。



■医師が推奨する「メンズトレーニングカップでの治療方法」>>

TENGAホームページの記載によるとまずは02でマスターベーションし、射精できるか試してみるのがいいそうです。02で射精できた場合は一つ大きな番号を使いましょう。できなかった場合は同じ番号か一つ低い番号を使います。
それをくり返し、段々と大きな番号(弱い刺激)で射精できるようにしていきましょう。04・05番で射精できるようになれば、腟内で射精できる可能性も高くなります。

自分の手でしている場合、強く握りしめてしまったりして、射精に必要な圧力以上がかかってしまっていて、それが遅漏の原因になっている可能性があります。是非一度購入してチャンレジしてみることをおすすめします。TENGAヘルスケアトレーニングカップはハードタイプからソフトタイプまでありますが、一通りのタイプを購入して、自分にあうタイプを見つけて、そこから徐々に硬さを柔らかめに落としていくのがおすすめです。

■TENGAヘルスケアトレーニングカップの詳細な説明の続きと実際に購入した人のレビューはこちら>>

医療機関へのご相談

射精障害に関しては泌尿器科の診療範囲になります。下記サイトに射精障害相談可能医師リストがありますのでご参考まで紹介します。
■射精障害相談可能医師リスト>>

おすすめ記事カテゴリの最新記事